悪意ないプロの仕事でも怖れになることも

90歳でアルツハイマーの母が入院から戻ってきてから
アルツハイマーが、かなり悪化しました。

それに関してはこちら


どうやら、原因の一つとして
男性看護師による下の世話があるようです。

認知症で、90で、下の世話、しかもプロ。

それでも抵抗どころが恐怖に変わる。


もちろん認知症でなければ自分が病気だからと
納得させることもできるのでしょうけれど。。。


犯罪被害とはくらべものになりませんが
それでも本人が受けた怖れは大きいのです。


だから、被害に遭われた方が
怖れがあっても当たり前です。
辛くても当たり前です。


その自分の感情は否定しないでくださいね。

自分の感情を誤魔化したり
大丈夫ではないのに大丈夫と思うのは逆効果です。


感情を見つめても、
そこにとどまることなく
怖れをなくしていくことはできますから。




ってことでしばらく、母を一人にできそうもないので
実家との往復になりそうですので
なるべく書くつもりですが、ブログが滞るかもしれません。

ご了承を。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

癒羽(ゆう)

Author:癒羽(ゆう)
2004年6月 東京・池尻大橋に「ヒーリングスペース癒羽」OPEN
【セッション】カウンセリング・ヒーリング・ジゲンゲートセラピー(旧チャネリングヒプノ)で心を楽に。
【セミナー】スピリチュアルな思考とヒーリングを学び意識改革。

スピリチュアルとは絵空事ではなく、現実のこの世界で心を楽に幸せに生きるための方法の一つです。幸せになるのに遠慮はいりません。どんな過去があろうと、今現在どんな状況であろうと、今すぐ幸せを実感できるように、意識を変えて、自然なあなたでいられるようお手伝いします。

以前はスピリチュアル全般について書いていましたが、2018年6月より性犯罪の被害に遭った方に幸せになって頂きたくて再開しました。

子どもの頃の被害からのサバイバーとして、少しでもお役に立てればと思っています。

小林 ゆう 1958年生まれ 牡羊座 O型 

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク