ドラマ仁にみる時間の概念

メインブログはこちらから



癒羽でスピリチュアルセミナー
あるいは思考セミナーを受けたお客様は
時間の概念のところでバック・トゥ・ザ・フューチャーと
パラレルワールドの話を思い出して頂けたことでしょう。


時間は一本の線で延々と続いていると考えると
その時点でタイムスリップという考え方そのものに無理がでます。

なぜ無理があるのか分からない方はセミナーを受けておくんなんし。(笑)


パラレルワールドの考え方をしなければ分からないことが沢山でてきます。


ヒーリングのセミナーでここまで踏み込むのかと
思われた方も多いでしょうけれど、
そういうことが分かると自分自身の過去世への考え方も
変化してくるとおもうのです。

カモメのジョナサンのりチャード・バックが
パートナーとのことを書いた「ONE」は
小説ですが、パラレルワールドがわかりやすい思います。




ドラマの中での説明で、すべて同じようなタイムスリップが
それぞれの世界で続くかどうかはわかりませんが、
説明としてはわかりやすかったですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

癒羽(ゆう)

Author:癒羽(ゆう)
2004年6月 東京・池尻大橋に「ヒーリングスペース癒羽」OPEN
【セッション】カウンセリング・ヒーリング・ジゲンゲートセラピー(旧チャネリングヒプノ)で心を楽に。
【セミナー】スピリチュアルな思考とヒーリングを学び意識改革。

スピリチュアルとは絵空事ではなく、現実のこの世界で心を楽に幸せに生きるための方法の一つです。幸せになるのに遠慮はいりません。どんな過去があろうと、今現在どんな状況であろうと、今すぐ幸せを実感できるように、意識を変えて、自然なあなたでいられるようお手伝いします。

以前はスピリチュアル全般について書いていましたが、2018年6月より性犯罪の被害に遭った方に幸せになって頂きたくて再開しました。

子どもの頃の被害からのサバイバーとして、少しでもお役に立てればと思っています。

小林 ゆう 1958年生まれ 牡羊座 O型 

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク